いち と まんまる と アメリカ生活。

東京からアメリカに越して来ました。夫と私と息子、3人暮らしの日々です。

スパゲッティーで冷やし中華!

先日作ったローストポークを再度作りました。

www.ichi-manmaru.com

今回はラーメンを作る気満々で、ゆで卵も一緒に漬け込みました!

f:id:ichi-manmaru:20170711152239j:plain

しかし最近暑い!

急に寒くなることもなくなり、日差しが夏です。
暑いと言っても30度ほどで、日本に比べると湿度も低く過ごしやすいのですが、それでもバテています。

こんな感じなので、日中外に出かけると、ラーメンを食べる気分なんて何処へやら…。

 

でもせっかく卵も漬け込んだので、今回は冷やし中華を作りました。

中華麺はスパゲッティーで代用。

重曹を入れて茹でると中華麺のようになる、というあれです。

(重曹=ベーキングソーダ)

matome.naver.jp

これ、ずーっと気になっていたんです。

 

レシピによって、入れる重曹の量がまちまちだったのですが、

  • 水 2リットル
  • 重曹 大さじ2杯

私は上記をお鍋で沸かし、スパゲッティー220gを茹でました。

茹でていると泡がもこもこ出てくるので、大きめのお鍋が良さそうです。

私は吹きこぼしそうになりました!

 

途中、茹で加減を確認するために1本食べてびっくり。

不思議、中華麺!

化学反応ってすごいです。

 

夫には事前に何も言わず、食卓に出しました。

数口食べてから夫が、「美味しい。いつの間に中華麺買ってたの?」と。

そこで種明かしをしました。

言われなかったら分からない、と。

私も何の違和感もなくいただきました。美味しかったです。

f:id:ichi-manmaru:20170711151229j:plain

具沢山であまり麺が見えませんが…。

 

今までは、冷やし中華を作る際はゆで中華麺(?)を買っていました。

スーパーで1袋ずつ梱包され、冷蔵コーナーで販売されている麺です。

安いし、パスタより茹で時間もぐっと短いし。

ただ、中華麺の添加物も気になっていたんです。かんすいや着色料など…。

でも茹でこぼすことで添加物を減らせるとも聞くし、と、ついつい便利さに負けていました。

 

ですが現在、アメリカに移住し、日系スーパーまで足を伸ばさないと便利な中華麺は購入できません。日本のように安くもない。

一方、重曹は常に家にあるし、スパゲッティーも近所のスーパーで購入できます。

スパゲッティーだと無添加のものも普通に買えます。

 

もうこれからはパスタ+重曹で決まりです。

日本でもパスタの茹で時間の10分そこらを気にせずに、早く試せば良かった。

玉子がまだ2個あるので、再度スパゲッティーで冷やし中華かラーメンを作りたいと思います。

 

冷やし中華のゴマだれは、いつも適当に、

  • すりゴマ
  • しょうゆ
  • 砂糖
  • ごま油
  • ラー油
  • しょうが
  • にんにく

など、あるものを混ぜて作っています。

ゴマは頑張って油が出るまですると美味しいです。