いち と まんまる と アメリカ生活。

東京からアメリカに越して来ました。夫と私と息子、3人暮らしの日々です。

何度も使えるエコなラップを買ってみた。

先日、使い捨てないラップを購入してみました。

以前シリコンでできたものを持っていたこともありましたが、今回私が購入したのは蜜蝋(ビーワックス)で作られたものです。

 

ー目次ー

 

蜜蝋(ビーワックス)ラップとは?

私はキナリノでこの存在を知り興味を持ちました。 

kinarino.jpキナリノで紹介されているのはBee Eco Wrapsの商品です。

「Bee Eco Wrap」はオーガニックコットン・ホホバオイル・ミツロウなど、体にはもちろん地球に優しい素材にこだわって作られています。天然の抗菌作用を持っているので、食品の鮮度とおいしさをより長持ちさせることができます。引用元 キナリノ

こちら、とても可愛いのですが、お値段も高くてびっくり!

検索してみると他にも同じような商品が色々ありました。

Etsyでも販売されいいますが、好みの絵柄がなかったり、お値段が他よりすごくお手頃というわけでもなかったので、私はBEE'S WRAPと言う商品を購入しました。

f:id:ichi-manmaru:20170815153400j:plain

 

2ブランドの商品をを比較。

Bee Eco WrapsとBEE'S WRAPの比較をしたので載せておきます。

比較している3枚セットの大きさはほぼ同じです。

 

Bee Eco Wraps

  • 日本語サイトあり(こちら)
  • 英語サイト(こちら)
  • オーストラリアの商品
  • 日本・アメリカから購入可能
  • 華やかなデザイン
  • 柄の指定不可
  • 3枚セット 4800円 / 38ドル
  • 日本国内の送料 3000円以上購入で無料
  • アメリカへの送料 〜10ドル

 

BEE'S WRAP

  • 英語サイトのみ(こちら)
  • アメリカの商品
  • 日本・アメリカから購入可能
  • シンプルなデザイン
  • 柄の指定可(3種類のみ)
  • 3枚セット 18ドル〜
  • 日本への送料 15ドル
  • アメリカ国内の送料 5ドル
  • Eメールリスト登録で15%オフのコードがもらえる
  • 店舗販売あり(アメリカ)

BEE'S WRAPから私が購入したのは3枚セットとパン用の大きなものです。

遠くはない場所に販売店もあるようですが、15%オフのコード利用でほぼ送料分を割り引いていただけたので、今回はオンラインで購入しました。

 

DIYもできるみたい!

簡単に手作りできる、エコな蜜蝋(ミツロウ)ラップの作り方

使い捨てのラップの代わりに、繰り返し洗って使える「蜜蝋ラップ」を手作りして使いませんか? 作り方はとても簡単です。引用元 houzz

You Tubeにも作り方が沢山あります。ただ、身近な材料ではない&上手に作るのが難しそう、と思い私はDIYは断念しました。

 

使い心地。

まだ使い始めて日が浅いですが、今の所大満足です。

この先1年後(おおよその使用期限)にどう感じるかは分かりませんが、今現在は使い続けたい、という感想です。

4枚購入しましたが、我が家にはちょうど良かったです。

買い足すなら夫のお弁当(サンドイッチの日)用かな?

Sサイズは玉ねぎの残り、Mサイズはパンの残り、Lサイズは大きなボールに、パン用のものはホームベーカリーで焼いたパンの保存に、とこのような感じで使っています。

f:id:ichi-manmaru:20170815153451j:plain

使ってみて思ったのですが、私が購入したものは文字が印刷されているので裏表が分かりやすく便利です!

大きなものは少し洗うのも乾燥させるのも手間ですが、使うのが億劫になるほどではありません。

シリコンの繰り返し使えるラップはベタベタとして洗う・乾燥させる・保管する際に少しストレスがありましたが、その点では問題ありません。

あと気に入っているのが蜜蝋の匂いです。いつまで続くのかは分かりませんが、匂いにも癒されています。(蜂蜜が苦手な人は厳しいかもしれません。)

ただ、1歳未満の子供がいる場合はウェブサイトに特に注意書きは見つけられませんでしが、蜂蜜と同様の扱いをした方が良いのかも。

 

我が家の場合、この蜜蝋(ビーワックス)ラップを購入したからと言って、使い捨てのラップを手放すのは難しいですが、少しはエコな生活になるかな?という感じです。

今気になっているのはスーパーで量り売りのものを買う際に使う袋。日本ではあまり見ない量り売りですが、アメリカではとても多いです。

この際、スーパーにある使い捨てのプラスチックの袋の代わりに、再利用できる袋も販売されているので気になっています!

www.etsy.com