いち と まんまる と アメリカ生活。

東京からアメリカに越して来ました。夫と私と息子、3人暮らしの日々です。

今年は甘くない誕生日ケーキを用意してみました。

こんにちは。先日は夫の誕生日でした。

どこか行きたい?何かしたい?と聞くと、「ゆっくりしたい」との答えが。人混みや外食がストレスになることも多い人なので、自宅&近くの公園でのんびり過ごしました。

朝はゆっくり寝てもらい、コーヒーを買いに行こうと息子とスターバックスに行ったのですが、すごく混んでいて息子が待ちきれず手ぶらで帰宅…。夫は1人で留守をしている間、実家の両親とゆっくり電話(FaceTime)ができたと喜んでくれたので、結果オーライで良かったです。

昼食は近くの公園でピクニック。最近は毎週末ピクニックをしているので、今回は少し特別感を出そうと思い、ケーキに見立てたキッシュを焼いて持って行きました。ロウソクも飾ってケーキの雰囲気を。(公園のBBQエリアでない場所だったので火はつけず。)キッシュケーキやお寿司ケーキ、砂糖たっぷりの甘いケーキを与えたくない小さな子供にもいいと思います。

f:id:ichi-manmaru:20171003064927j:plain

キッシュを焼くときはいつもこちらのレシピです。小麦粉、オイル、水、材料3つでタルト台ができます。(レシピには塩も記載されていますが、キッシュのアパレイユ&具材に塩気があるので私は省いています。)バター、牛乳不使用でとっても簡単にサクサク美味しくでき、重宝しています。今回は底の抜ける15cmのケーキ型を使い、高さがある分レシピの1.5倍の材料で生地を用意してちょうどでした。

cookpad.com

アパレイユは卵2個、牛乳150ml、チーズ50g。あとはその時あるスパイスやハーブを加えたりしています。今回はズッキーニ、パプリカ、ベーコンを中に入れました。

キッシュならケーキと違い、2歳の息子も食べられる、とも思っていたのですが、息子は全く興味を示さず。自分のサンドイッチと果物をたくさん食べて満足していました。

公園から帰宅&お昼寝後、夕方に日系スーパーへ。夕食に夫の大好物のお刺身と日本酒を買いに行ったのですが、なんとお刺身売り切れ!お寿司はかろうじてあったものの、残っている種類もとても少なく、なんとかあるものを買って帰ってきました。今回、日系スーパーは夕方に行くと出来合いのものはどんどん売り切れてしまうことを学びました。買ってきたお寿司はちょっとアメリカ風?ソースがかかってた!

f:id:ichi-manmaru:20171003131849j:plain

夕食はほぼ買ってきて並べただけでしたが、義両親が写真を見てとても褒めてくれました。複雑です。笑。

夕食後はスーパーで買ってきたケーキに火を灯して再度お祝い。普段は「今日は車さんのお誕生日〜」なんて言って「Happy birthday to you〜♪」なんて歌っている息子、この日に限り沈黙。なんで!?でもロウソクの火は張り切って吹き消していました。ケーキは火を消したら片付け、息子就寝後に食べました。美味しかったけど甘かったです。この味に慣れてしまわないように気をつけないと、と思いました。

子供が生まれてから、お祝い事がどんどん手抜きになっていますが、今年も家族皆で一緒にお祝いできて良かったです!

 

おまけ。

近々同じタルト台でこちらの「簡単かぼちゃタルト」も作ってみたいな、と思っています。ハロウィンを目前に、スーパーはかぼちゃだらけだし。こちらのかぼちゃのフィリングは、かぼちゃ、豆乳、はちみつ、小麦粉だけでできるようです。(レシピにはラム酒も記載されています。)2歳の息子にも安心な甘さ控えめ&バター・生クリーム不使用が嬉しいです。

cookpad.com