いち と まんまる と アメリカ生活。

東京からアメリカに越して来ました。夫と私と息子、3人暮らしの日々です。

硬くなった粘土を簡単に復活させる方法。

こんにちは。昨年末からアメリカで2歳児育児に奮闘しています。

最近、息子のお気に入りの1つが粘土遊びです。

遊ぶ回数が頻繁になったこともあり、粘土も硬くなってきて扱いにくくなってきました。もう一度柔らかくするには水を混ぜてこねればいい、とは分かっていたのですが、何色もあると水を少しずつ加えて捏ねて、の繰り返しが億劫に感じ、他の方法を探してみました。

我が家にあるのはアメリカで粘土といえばこれ、という「Play-Doh」(プレイドー)という商品です。

f:id:ichi-manmaru:20171027064850j:plain

「Play-Doh / プレイドー」は商品名ですが、アメリカでは「粘土=Play-Doh / Playdough」と呼ばれています。「バンドエイド」や「セロテープ」みたいな感じです。

そこで早速この粘土(プレイドー)を柔らかくする方法を検索。1番に出てきたサイトでは3つの方法が紹介されていました。

3 Ways to Make Playdough Soft Again - wikiHow

3つのうち2つは捏ねる必要があったため、私が試したのはもう1つの捏ねないでいい方法。

手順はとても簡単です。水を含ませたキッチンペーパーに包み、密閉容器やジッパー付きバッグに入れて1日置くだけです。

f:id:ichi-manmaru:20171027064005j:plain

これなら数種類の粘土があっても、そこまで手間がかかりません。粘土遊びの最後、片付ける前に湿らせたキッチンペーパーで包んで容器に片付けるだけです。翌日遊ぶときには復活して柔らかい粘土になっていました!とっても楽ちん。

キッチンペーパーは粘土を丁度包めるくらいの大きさ、粘土が小さければ水は固めに絞った方が丁度いい柔らかさになりやすいです。私は何個かベタベタになり過ぎてしまい、扱いにくくなってしまいました。(ベタベタになった粘土は薄く伸ばして置いておけば水分が蒸発してある程度落ち着きます。)ベタベタになってしまうより、少しずつ様子を見たほうが扱いやすいです。翌日まだ固く感じれば、再度湿らせたキッチンペーパーに包んで片付ければいいだけです。

息子が週2回通う学校の粘土は先生の手作りです。日本でいう小麦粘土。学校のレシピはこちらだと教えてもらいました。

材料が全て自宅になく、まだ試していませんが、息子が混色に興味を持ち始めたので、手作りもいいかな、と思っています。材料は全て食品、アメリカのスーパーなら簡単に揃います。今後、雨の日や寒い日に試してみようかな、と思っています。

息子が混色に興味を持ったきっかけはこちらで紹介した『Mix it up!』です。