いち と まんまる と アメリカ生活。

東京からアメリカに越して来ました。夫と私と息子、3人暮らしの日々です。

2歳児と工作、秋をテーマにDIY。

こんにちは。昨年末から夫、息子とアメリカで暮らしています。

2歳の息子は週2回、午前中のみの学校(プリスクール)に通っています。そこで息子が楽しんできた工作をいくつかご紹介します。

まず、先生から宿題?として、公園で葉っぱやどんぐりなどを拾って学校に持ってきてください、とメールで連絡がありました。(メールで連絡、時代の流れを感じます!)早速息子にそのことを話して公園へ。息子は意外と飽きることなく黙々と集めていました。「これ綺麗〜、赤色あった〜、こっち黄色〜」と、こんなことができるようになったのか、と目頭が熱くもなりました。

f:id:ichi-manmaru:20171110152256j:plain

後日、学校では皆が拾ってきたものを集めてリース作りをしました。リースの土台は紙皿です。そこに子供達はボンドで好きなものを貼り付けていきます。息子は葉っぱ2枚だけで終了…。

f:id:ichi-manmaru:20171110152711j:plain

紙皿いっぱいに葉っぱや木の実をつけている子の作品は圧巻!とても綺麗でした。⇩こんな感じ。

これは2歳児でなくても、むしろ大人でも、配置や色合いを考えて作り始めるととてもとても楽しめそうなDIYです。葉っぱの色の変化もいい味を出してくれそう。

他に秋関連のアートは、

f:id:ichi-manmaru:20171110152847j:plain

葉っぱにボンドをつけて、上からグリッターをふりかける!学校では使用済みのスパイスの容器にグリッターを入れて用意してくれていました。容器をシャカシャカするだけなので、2歳児でも簡単。息子はとても楽しそうに集中して取り組んでいました。

f:id:ichi-manmaru:20171110152912j:plain

こちらは秋色の絵の具をポテトマッシャーやフォーク、泡立て器など、キッチンツールでスタンプ。幾何学模様ができるので、カードやラッピングペーパー、トートバッグなどにスタンプしてもオシャレに仕上がりそうです。クリスマスカラーで作ればクリスマスプレゼントにも良さそう!

学校は通い始めるまでは迷いもありましたが、息子は週2回の通学をとても楽しみにしているようで、申し込んでよかったな、と思っています。集団生活や、こういった工作なども体験させてもらえ、私も毎回勉強になっています。