いち と まんまる と アメリカ生活。

東京からアメリカに越して来ました。夫と私と息子、3人暮らしの日々です。

カリフラワー消費、インドの副菜「サブジ」に挑戦。

こんにちは。昨年末から夫、息子とアメリカで暮らしています。

先日スーパーに買い物に行った際、息子がカリフラワーを1玉カゴに入れました。私はブロッコリー派ですが、息子はブロッコリーよりもカリフラワーが好きみたいです。

f:id:ichi-manmaru:20171130152132j:plain

その日の夕食は息子の「スープとパン」が食べたいというリクエストにに応えて、カリフラワーのシチューを作りました。1玉がとても大きいカリフラワーだったので、1/3ほどしか消費できず。残りをどうしようかと思いレシピを検索し、そこで見つけたのが「サブジ」です。カレー味の炒め蒸し、という感じでしょうか。

⇩こちらのレシピを参考に初サブジを作ってみました。

レシピに登場するじゃが芋、獅子唐がなかったので、家にあった材料で応用。今回はカレー味に合いそうなパプリカとマッシュルームを代わりに入れました。スパイスもクミンシード、カレー粉と家にあるものだけで。他に必要な材料ははオイル、生姜、塩、トマト。これを順に炒めて最後に蒸すだけ。簡単でした!本場のサブジを食べたことがないので、なんちゃってサブジかもしれませんが、備忘録も兼ねてざっとレシピをまとめておきます。

カリフラワーのサブジ

材料(作りやすい分量)

  • オイル 大さじ1
  • クミンシード 小さじ1/2
  • 生姜スライス 4枚
  • カリフラワー 小玉1個(約500g)
  • パプリカ 赤・黄 各1個
  • マッシュルーム 10個
  • トマト 小2個
  • カレー粉 小さじ1

手順

  1. カリフラワーは小房、パプリカは1口大、マッシュルームは半分、トマトはくし切りにしておく。
  2. 蓋のできるフライパン、または鍋にオイルを熱し、クミンシードを炒め、香りが出てきたら生姜も加え炒める
  3. 2にカリフラワー、パプリカ、マッシュルーム、塩を加え炒める
  4. 野菜にだいたい火が通ったら、トマト、カレー粉を加え、炒め、蓋をして5分ほど弱火で蒸し煮にする
  5. 野菜が柔らかくなればできあがり

f:id:ichi-manmaru:20171202072952j:plain

切って炒めて蒸す。簡単に2歳の息子も一緒に食べられる野菜たっぷりの副菜ができました。上記の分量を作り、3回ほどで家族3人で完食しました。息子はトマトの皮を嫌がるので、一手間かけても湯むきした方がよかったかな、と、この1点が次回への申し送りです。

サブジも色々な種類があるようなので野菜消費、副菜あと1品、などあるものでパッと作れて重宝しそうです。

大人だけでカリフラワー消費ならこのレシピを試していたと思います。簡単でご飯にも合いそう、美味しそう!