いちとまんまると in アメリカ

東京からアメリカに越して来ました。夫と私と息子と娘、4人暮らしの日々です。

端午の節句・こどもの日をお祝いしました。

こんにちは。

アメリカ生活2年目のいちです。

時差があるので日本より少し遅いですが、こちらでもこどもの日をお祝いしました。

《目次》

f:id:ichi-manmaru:20180506140617j:plain

(息子が0歳の時に支援センターで作った鯉のぼり。可愛くて毎年飾っています。)

昨年までのこどもの日を振り返る

息子はもうすぐ3歳、3度目の端午の節句です。

初節句は日本にいたので、私の実家で贈ってもらった兜と写真を撮ったり、皆で食事をしました。

アメリカへの引っ越しが決まっていたので、今のところ兜は毎年実家で飾ってもらっています。

昨年は何をしたかな?と、iPhoneの写真を遡ってみたのですが、当日は何もしていませんでした。

アメリカは平日でしたしね…。汗。

こどもの日のお祝いメニューは?

今年は土曜日で夫も在宅のため、ご馳走を用意してお祝いしました。

そこで1週間前くらいから何作ろう、なんて調べていたのですが、こどもの日って「ちまき」「柏餅」の他に特に食べるものって決まっていないんですね。

食事は特に決まった食べ物がないので、鯉のぼりや兜をテーマに食事を盛り付けされている方が多かったです。

ひな祭りだと「ちらし寿司」「はまぐりのお吸い物」などがあるのに、なぜこどもの日はないんでしょう!?

キャラ弁のようなものは私にはハードルが高かったので、食事は息子の好きなものを中心に用意しました。

寿司、いくら、蓮根、紅白なます、タコ、などおめでたいメニュー・食材も少し意識しています。

f:id:ichi-manmaru:20180506140657j:plain

  • ちらし寿司(いくら、絹さや、蓮根、しいたけ、錦糸卵)
  • お吸い物(三つ葉、豆腐、かまぼこ)
  • 紅白なます
  • トマトとアボカドのサラダ
  • タコのカルパッチョ
  • 唐揚げ
  • 柏餅

唐揚げ、柏餅はできたものを買ってきてお皿に並べただけです。

ただ、柏餅の葉っぱ、どうみても柏の葉じゃないですよね…。

でも商品名は「KASHIWA MOCHI」でした。

私が知らないだけで、こういう種類もあるのでしょうか!?

まぁアメリカなので違ってもご愛嬌ということで。

頼りになるレシピサイト

唐揚げ、柏餅以外のメニューは頑張って用意しました。

準備の参考にしたのは大好きなレシピサイト、白ごはん.comです。

とっても分かりやすく、失敗がありません。

もうすぐ3歳、息子が食べたもの

息子が好きなものを詰め込んだ甲斐あって、ペロリと食べてくれました。

ちらし寿司、お吸い物はおかわりまでしてくれて嬉しかったです。

今日のメニューで息子が特に好きなものは、

  • いくら
  • たまご
  • 出汁
  • 豆腐
  • かまぼこ
  • 紅白なます
  • アボカド

この辺りです。

かまぼこは日本の本によく出てくるので、好きというよりも興味や憧れがあるのだと思います。

紅白なますは今年のお正月に食べて以来大好物になりました。甘いから?

唐揚げはあまり好きでないようでたまに食べる程度、この日は食べず。固いから?

タコは固いのであげていません。

柏餅は1つ、あっという間に平らげました。

ケーキ、アイスなどはまだ解禁していませんが、大福やお団子は頂く機会があり何度か食べたことあり。

多くても月に1回程度なので目をつぶっています。

今後の課題

普段の食事は簡単なものばかりです。

今日のようにいざ手間のかかる料理をすると、とにかく時間がかかり、効率も悪く洗い物もたくさん出てしまいます。

今回の用意には前日に3時間、当日に2時間程かかってしまいました。

特別な食事なので普段より時間がかかって当然ですが、これはもう少し改善の余地がありそうです。

数をこなせば手際も少しは良くなるかもしれないし、いっそのことこれからお祝い事は毎回ちらし寿司にしてみようかな、とぼんやり考えています。

お祝いごとに決まった食べ物があれば、さらに特別な感じも出て子供も楽しんでくれるかな〜!?

 

▽おまけ。もうすぐ母の日、今年は熊本の商品を選びました◎