いちとまんまると in アメリカ

東京からアメリカに越して来ました。夫と私と息子と娘、4人暮らしの日々です。

絵本1000冊、何ヶ月で読めるかな!?

こんにちは。

アメリカ生活2年目のいちです。

先日図書館で「1000 BOOKS BEFORE 6」という取り組みがあることを知りました。

意訳すると、「6歳までに1000冊読もう」。

日本の図書館でも実施されている場所がありますよね。

私は拝読している日本在住の方のブログで、この取り組みのことは知っていました。

当時はすでにアメリカに移住しており、「楽しそう、いいな〜」と思っていたのですが、私の住む地域でもありました!

アメリカの図書館でもらった冊子

f:id:ichi-manmaru:20180611124558j:plain

私たちが頂いた冊子によると、「子供が自分で本を読み始める前に、1000冊読み聞かせてあげる必要がある」と書かれています。

Experts tell us that children need to hear a thousand stories read aloud before they begin to learn to read for themselves.
~ Mem Fox, Reading Magic 引用元:sccl.org

▽プログラムの内容はこちらとほぼ同じようです。

めざせ!えほんマイスター/札幌市の図書館

この冊子を息子と娘の分、1冊ずつ頂いてきました。

1000冊はあっという間かも

「1000冊」ってはじめは「できるかな?」と思ったのですが、よく考えてみると1日3冊で1年以内に読めるんですよね。

記録するのを忘れさえしなければすぐに達成できそうです。

私たちが参加するプログラムの目標は「本を1000種類読む」ではなく、同じ本を5回読めばそれは5冊と数えます。

▽1冊読むごとに色を塗っていきます。

f:id:ichi-manmaru:20180611125634j:plain

数字好きの息子は塗りつぶしていく作業も楽しそう。好きな色の青ばかりで塗っています。

日本からもオンライン登録可

読んだ本のタイトル、著者名などはオンラインで記録できます。

これがまた「ISBNバーコード」(国際標準図書番号)の写真をスマホやiPadで撮るだけなので簡単!

(ただ毎回きっちり登録していくのは大変そうなので、我が家は紙の記録だけになるかもしれません。)

図書館カードがなくても登録ができるので、お近くの図書館にこのようなプログラムがないけど記録したい、英語に抵抗がない、と言う方はお試しください。

1000-Books-Before-6

50冊ごとにバッジがマイページでもらえて可愛いです!

 

実際にサンタクララ郡にお住いの方は、50冊ごとに図書館でシールや賞品、最後には修了書ももらえるみたいですよ〜。