いちとまんまると in アメリカ

東京からアメリカに越して来ました。夫と私と息子と娘、4人暮らしの日々です。

地球に優しい、何度も使えるラップ「蜜蝋ラップ」でエコ生活!

スポンサーリンク

こんにちは。

アメリカ生活2年目のいちです。

昨年、少しでもエコに繋がればいいなとの想いも込めて蜜蝋(ビーワックス)で作られた「蜜蝋ラップ」というものを購入しました。

1年使ってみた感想なども含めまとめているので、何か少しでも参考にしていただけると嬉しいです。

 

(この記事は2017年8月に書いたものをを2018年10月にリライトしています。) 

蜜蝋(ビーワックス)ラップ?

私はキナリノでこの存在を知り興味を持ちました。 

キナリノで紹介されているのはBee Eco Wrapsの商品です。

「Bee Eco Wrap」はオーガニックコットン・ホホバオイル・ミツロウなど、体にはもちろん地球に優しい素材にこだわって作られています。天然の抗菌作用を持っているので、食品の鮮度とおいしさをより長持ちさせることができます。引用元 キナリノ

こちら、とても可愛いのですがお値段も高くてびっくり!

検索してみると他にも同じような商品が色々ありました。

Etsyでも販売されいいますが、好みの絵柄がなかったり、お値段が他よりすごくお手頃というわけでもなく、私はメリットを感じませんでした。

 

今回私が購入した蜜蝋ラップ

私はBEE'S WRAPと言う商品を購入しました。

アメリカのブランドです。

f:id:ichi-manmaru:20170815153400j:plain

今回購入にあたり、キナリノで紹介されているBee Eco Wrapsと、実際に購入に至ったBEE'S WRAPの比較をしたので載せておきます。

(比較している3枚セットの大きさはほぼ同じです。)

 

Bee Eco Wraps

  • 日本語サイトあり(こちら)
  • 英語サイト(こちら)
  • オーストラリアの商品
  • 日本・アメリカから購入可能
  • 華やかなデザイン
  • 柄の指定不可
  • 3枚セット 4800円 / 38ドル
  • 日本国内の送料 3000円以上購入で無料
  • アメリカへの送料 〜10ドル

 

BEE'S WRAP

  • 英語サイトのみ(こちら)
  • アメリカの商品
  • 日本・アメリカから購入可能
  • シンプルなデザイン
  • 柄の指定可
  • 3枚セット 18ドル〜
  • 日本への送料 15ドル
  • アメリカ国内の送料 5ドル
  • メールリスト登録で初回15%割引のクーポンコードがもらえる
  • 店舗販売あり(アメリカ)

BEE'S WRAPから私が購入したのは3枚セットとパン用の大きなものです。

行ける距離に販売店もあるようでしたが、15%オフのコード利用でほぼ送料分を割り引いていただけたので、今回はオンラインで購入しました。

 

こだわりたい人にはDIYも!

簡単に手作りできる、エコな蜜蝋(ミツロウ)ラップの作り方

使い捨てのラップの代わりに、繰り返し洗って使える「蜜蝋ラップ」を手作りして使いませんか? 作り方はとても簡単です。引用元 houzz

You Tubeにも作り方が沢山あります。

DIYの醍醐味は、布から自分好みのもの世界に1つの蜜蝋ラップが作れることです。

 

蜜蝋ラップの使い心地

私が購入したのは4種の大きさです。

  • Sサイズ:玉ねぎの残りなどに
  • Mサイズ:パンの残りなどに
  • Lサイズ:大きなボールの蓋代わりに
  • パン用サイズ:ホームベーカリーで焼いたパンに

と、このような感じで使っています。

f:id:ichi-manmaru:20170815153451j:plain

大きなものは少し洗うのも乾燥させるのも手間ですが、使うのが億劫になるほどではありません。

シリコンの繰り返し使えるラップはベタベタとして洗う・乾燥させる・保管する際に少しストレスがありましたが、その点では問題ありません。

私が個人的に気に入っているのが蜜蝋の匂いです。

いつまで続くのかは分かりませんが、匂いにも癒されています。(蜂蜜が苦手な人は厳しいかもしれません。)

ただ、1歳未満の子供がいる場合はウェブサイトに特に注意書きは見つけられませんでしが、蜂蜜と同様の扱いをするのが賢明かと思います。

 

蜜蝋ラップ、1年後の様子

蜜蝋ラップを使い始めて1年以上が経つので追記です。

購入した4枚の蜜蝋ラップ、引き続き使ってます!

購入当時から変わったのは1点。

蜜蝋ラップでパンを数日保存するとパンが硬くなってしまうので、現在はプラスチックのラップも併用しています。

特に1番小さいサイズが勝手が良く、アボカドやトマトを半分包んだり、と大活躍です。

活躍してくれている反面、蜜蝋の加工が薄れてきています。

購入当時の硬い手触りもなく、密着性も頼りない感じになってきました。

使用可能期間は1年ほどと説明されているので、ちょうど買い替えの時期なのだと思います。

(ラップの役目を終えた布は、コンポストに入れるか、BBQなど火を起こす際の着火剤にするとさらにエコなようです。)

ちょうどアメリカのスーパーTrader Joe’sでも同じような商品が販売されていたので、追加購入しました。

f:id:ichi-manmaru:20181029131834j:plain

「Ditch the Plastic」(プラスチックなんてやめよう)と書かれています。

 

他にも色々脱プラスチック中

蜜蝋ラップに加え、蓋つきのガラス容器も愛用中です。

パイレックスの蓋つきガラスボウルもかなり便利でオススメなのですが、日本では購入が難しいようで残念…。

これがあるとさらにラップが不要になります。

▽私はターゲットでこちらを購入しました。

www.target.com

 

我が家の場合、プラスチックラップは完全に不要とは言えませんが、蜜蝋ラップのおかげで少しはエコな生活を送れているんじゃないかな、と思っています。

使い捨てよりは少々手間はかかりますが、蜜蝋ラップオススメです◎