いちとまんまると in アメリカ

東京からアメリカに越して来ました。夫と私と息子と娘、4人暮らしの日々です。

【生後5ヶ月】離乳食初期から愛用中、我が家が選んだハイチェア。

スポンサーリンク

先日の『2歳を過ぎても使える!』にアイテム追加です。

今回はハイチェア。

これは生活環境によって必要性が変わってくるかと思いますが、我が家では今も大活躍中です。

間食や牛乳を飲む程度であれば大人用の椅子に座らせる(&座りたがる)ことも増えましたが、3度の食事は必ずこちらです。

 

ハイチェアの購入時期&選び方

購入したのは息子が5ヶ月を過ぎた頃。

離乳食をそろそろ始めよう、と、店舗で実際に座らせてみて決めました。

離乳食はバウンサーやバンボなどで始める方も多いようですが、我が家はどちらも所有していなかったため、初めからハイチェアを用意することにしました。

購入時は東京在住だったので六本木ヒルズに見に行きました。

授乳室も沢山あり、乳児連れでも安心です。

3つのお店で3つのハイチェアを見る
  1. ノルウェーメーカーStokke社のトリップトラップ(店舗名不明)
  2. ドイツメーカーGeuther社のキッドヒット(ボーネルンド)
  3. イタリアPali社ののエクレティカ(ハッカキッズ)

(2017年9月現在は六本木ヒルズではストッケの取り扱いがないようです。エクレティカも現在の販売はミキハウスオリジナルのみのようです。)

私が重視した点
  • 座面、足置きの高さが調節できる(しっかり座れる&長く使える)⇨1・2・3◎
  • 机に縁が付いている(飲み物などをこぼしても大丈夫)⇨1・2◎
夫が重視した点
  • 5点ハーネスのベルト(安全面で安心)⇨1◎

デザイン的に私はエレクティカが一番気に入ったのですが、机に縁がない時点で却下しました。残念。

(キッドヒットも色付きのものは机に縁がありません)

トリップトラップ vs キッドヒット
  • トリップトラップ⇨座らせづらい&5ヶ月過ぎの息子はまだ1人で座ることができず。
  • キッドヒット⇨1人で座れた!しかもなんか楽しそう。
  • (商品の対象年齢は6ヶ月からと記載があります。)

 

我が家が購入したハイチェア

結果、ボーネルンドにてキッドヒットを購入することになりました。

5点ベルトでないですが、別売りのクッション&机を調整することでしっかり座らせることができ、夫も納得しての購入です。

写真にはありませんが、別売りのクッションは1歳過ぎまで使っていました。

取り外しも簡単で、お手入れも簡単で良かったです。

f:id:ichi-manmaru:20170326134741j:plain

キッドヒット、ボーネルンドの実店舗で購入したのですが、いくつかメリットを感じました。

まず、机の木目の出方などが確認できます。

そして自宅には組み立て済みの商品が届く(送料別途要)のですが、難あり商品でした…。

店舗に確認の電話をすると、後日自宅まで不具合箇所のパーツを持って交換に来て下さいました。

初めからきちんとしたものが届くのがもちろん一番ですが、すぐに対応してもらえて良かったです。

オンラインで購入していたらどうなっていたのでしょう!?

その後実家用にもAmazonで折りたためるハイチェアを購入したのですが、やはり全然違います。

まぁ、お値段も違うので、比較も難しいところです。

実家用に購入したものは5点ハーネスのベルトですが、これ、肩からのベルトが汚れやすく、掃除が大変!という落とし穴がありました。

 

Stokke、IKEAは?

自宅用&実家用にハイチェアを購入後、外出時にもカフェやレストランでハイチェアを色々お借りしてきました。

そこで思うのは、やはりキッドヒットにして良かった、ということです。

(愛着もあるので少なからず色眼鏡で見ている節もあるかもしれません。)

有名どころの感想を、比較のために少し記載しておきます。

ただ、あくまでも我が家の息子との相性ですので、ご参考までに。

Stokke

トリップトラップは付属のガードが付いている場合、とにかく座らせづらいです。

足をバタバタしてなかなか通してくれない。

そしてハーネスベルトがないとすぐ立ち上がってしまいます。

ただ、シンプルなデザインは飽きがこなくて素敵です。

机をつけて使うのでなく、ダイニングテーブルに使う椅子として子供用に購入するのならなら、トリップトラップがいいなぁ、と思います。

 

追記:その後娘が生まれ、息子にはこのハイチェアを妹に譲ってもらい、ストッケを追加購入しました。


I
KEA

こちらもシンプルで良いですが、足置きがないので食事中息子はずっと足をぶらぶらしてしまいます。

離乳食の本にも食事は足がしっかり付く体勢が望ましいと書かれています。

机とお腹の間もあるのでポケット付きのエプロンをしていても食べこぼしで洋服が汚れやすいです。

お値段はピカイチ!

お掃除もしやすそうです。

 

購入したハイチェアの満足度

我が家愛用のキッドヒット、実際に使ってみてのプラス面とマイナス面をまとめます。

プラス面

  1. 木製でしっかりした作り、耐加重80kgなので大人まで使える
  2. 座面・足置きの高さが細かく調整できる
  3. 机に縁があるので水や牛乳をこぼしても大丈夫
  4. 机の位置が好みの場所で固定できる
  5. 4を踏まえ、離乳食初期からもしっかり座って食べることができる
  6. 4を踏まえ、机とお腹の間に食べこぼすことが少ない
  7. 4を踏まえ、3点ベルトでも子供が食事中に立ち上がる&抜け出すことがない

マイナス面

  1. 値段が張る
  2. 机の面積が狭い、大きめの丸いお皿は縁の中に収まらない
  3. 細かい隙間があるので掃除に若干手間がかかる
  4. 机をはめ込む枠があるのでダイニングテーブルの椅子としては少し使いづらい

総合的には

マイナス面も多いですが、後悔は一切なく大満足しています。

決して安い買い物ではないですが、長い目で見ると高くもないかな、と思っています。

離乳食を始めるにあたり、長く使える椅子を探されている方にはオススメです。

以前、トリップトラップを使っている方が何かの記事で「子供が立ち上がるのを防ぐため、足置きの板をあえて低くして子供が立てないようにしています!」というのを読みました。

せっかく足置きがあるのにもったいない!!!

ボーネルンドで売ってるキッドヒット、良いよ〜、と教えてあげたくなりました。

 

子どもの食べこぼし対策

子どもの椅子の下にはIKEAのフロアプロテクターを敷いています。

 

おまけ

初めてボーネルンドでキッドヒットに座った息子。

ほっぺが落ちそう。

可愛すぎる。

この時から1年半と少し、随分大きくなりました。

これからもたくさん食べて大きくなってね!!!

f:id:ichi-manmaru:20170916151823j:plain