いちとまんまると in アメリカ

東京からアメリカに越して来ました。夫と私と息子と娘、4人暮らしの日々です。

目を疑うアメリカ・サンフランシスコ周辺の金銭感覚。

こんにちは。

アメリカ生活2年目のいちです。

今日は生活に関するお金の話を少し。

なんだか驚きを通り越してなんか異世界の話で理解不能です。

お時間があればお付き合いください。

私たち家族の住む地域

北カリフォルニアのシリコンバレーやベイエリアと呼ばれる地域に越してきました。

f:id:ichi-manmaru:20180629152139j:plain

アップル、グーグル、フェイスブックなどをはじめとする、テクノロジー関係の企業が多く本社を構えることでも有名です。

良いお給料をもらっている人が多い分、物価も高いんですよね。

特に不動産関係。

家賃も目玉が飛び出るほど高く、高級取りでない我が家は選択肢がとても少ない現状です…。

低所得とはいくらからか?

▽そして先日飛び込んできた衝撃的ニュース!

サンフランシスコ郡、サンマテオ郡、マリン郡というこの3つの地域では、年収が$117,000(≒1,300万円)以下だと「低所得者」とみなされるんだそう!

信じられない!

▽そしてこの記事に出てくるボロボロの家

雨漏りもするような状態だけど、競売の末、1億円以上の値段がついたんだそう…。

もうなんか色々おかしい!

家賃に不動産、そしてホテルも…

こんな地域なので、ホテルもとっても高いんです。

f:id:ichi-manmaru:20180629152437j:plain

もうすぐ両親が2週間ほど遊びにきてくれる予定です。

我が家は狭くて泊まってもらえないので、近くでホテルを探したのですが…

自宅から徒歩圏で便利な場所は、なんと2週間の滞在で50万円!ひゃー!

もちろんそこは予算オーバーで、少し離れたもう少しお安いホテルになりました。

それでも半額とまではいきません。

 

本当にカリフォルニア・シリコンバレー、どうかしてます!

シリコンバレーへの転職などお考えの方、どうぞお給料交渉は十二分に!