いちとまんまると in アメリカ

東京からアメリカに越して来ました。夫と私と息子と娘、4人暮らしの日々です。

【アメリカ生活】学校が夏休みに&ママ友付合いにダウンロードしたアプリ。

こんにちは。

アメリカ生活2年目のいちです。

息子の学校が長ーーーい夏休みに入りました。

8月末までどうしましょう…。

息子の学校が終わりました

上の息子が昨年秋から通い始めた学校(プリスクール)が5月末に終わりました。

f:id:ichi-manmaru:20180605133013j:plain

日本のように終業式などはありませんが、最終日は子供達(&保護者)から先生にプレゼントを贈りました。

新しい年度は先生も変わるので、大好きな先生たちともお別れです。

とてもいい先生方に恵まれたので、私も本当に寂しいです。

息子はまだよく分かってないと思いますが、最後は帰りたくないと泣いていました。

不安いっぱいで通い始めた学校

昨年の秋、通い始めた息子は2歳になったばかりで、初めての集団生活でした。

親子同伴で通う学校なので、私もほぼ一緒に出席しました。

(産後しばらくは夫が一緒に通っていました。)

通っている学校は「play-based 」と呼ばれる教育方針で、遊びを通して学び、成長することを目標としています。

基本的には好きなことをして過ごします。

そんな中でもクラス全体で行われるサークルタイムという時間があり、歌や本の時間です。

名前の通り、クラス皆で円を作って座るんですが、これが最初はなかなかじっとは座れず脱走してました。

こんな感じでやっていけるのかな、息子は楽しいのかな、と継続すべきかどうか悩むこともありました。

息子の学校での成長

そんな息子も先生やお友達に助けられ、無事に4学期(8週間 × 4回)を終えることができました!

後半はお片づけの時間に片付けられるし(たまに泣くけど)、お友達の名前も覚え、じっと座って絵本を聞くこともできるようになり、クラス一のダンサーと言われるほど歌も大好きになりました。

最初は全く興味を示さなかった工作も、後半は自ら工作テーブルに座り、集中して楽しんでいました。

f:id:ichi-manmaru:20180605134311j:plain

そして英語力は思っていたほど伸びていません。

日本語が脅かされるかな、と少し心配いましたが週2回午前中のみだとそこまで影響力はないみたいです。

最後まで先生に日本語でも話しかけていました。笑

夏休みどうしましょう

そんな思い出いっぱいの学年も終わり、次の学年が始めるのは再び秋です。

次の年度は9月からなので、6・7・8月、丸々3ヶ月もお休み!!!

長いな〜。

今までは毎週2回、予定がありました。

それがなくなる。予定がない。支援センター的な存在もない。間が持たない!

サマーキャンプと呼ばれる夏休みのプログラムもありますが、息子の学校では3歳からなので通えません。

サマーキャンプは他にも色々な場所でありますが、年連制限がある、もしくは高い!

息子のクラスメイトのお母さん方も暇を持て余しそう、という方が多いようでプレイデート(子供たちが集まって遊ぶこと)しましょう、という話になりました。

行動力のあるお母さんがプレイデートグループなるものを作ってくださいました。

ダウンロードしたアプリ

プレイデートグループは「WhatsApp」というアプリで作りました。

私はこのアプリを持っていなかったのでダウンロードまずはダウンロードから。

ちなみに私以外の皆さんはすでに持っていました。

日本でいう「LINE」的存在なのでしょうか?

私は面倒臭そうでLINEを避けてきたので詳しくは分かりませんが、グループを作り、その中でメッセージをやり取りできます。

電話番号で登録するので、これはLINEとは違う点かな。

このアプリのおかげで一度に皆と連絡が取れて便利な反面、あっという間に未読メッセージが溜まっていきます…。

夜になると32件の未読メッセージが…ひゃー!

f:id:ichi-manmaru:20180605132052j:plain

32件のメッセージのうち、それは個人でやりとりすればいいのに、なんていうのもあったり、多少の面倒くささは否めません。

ですが、息子のためにも母が社交的にならねば、との思いで、夏休み期間は使ってみます。

明日は早速このアプリのおかげでプレイデートに出かけてきます!