いちとまんまると in イギリス

夫と私と息子と娘、4人暮らしの日々

5歳半男の子、初めてのクループ。イギリスで救急車を呼んだ話。

スポンサーリンク

こんにちは!

アメリカを経て、イギリスで2人育児に奮闘中のいちです。

イギリスは先週から通学が再開し、息子は本当に嬉しそう!

ただ…学校が始まって早々、救急車にお世話になりました〜涙

f:id:ichi-manmaru:20210317053920j:plain

 

帰宅時なんか声が枯れてた

通学が再開して3日目、水曜日。

お迎えに行くとなんか声がかすれてました。

久しぶりの学校が楽しくて、たくさん話したり大声出したりしたのかなー?なんて勝手に解釈して気にせず。

夕食もいつも通りおかわりして、いつも通り就寝。

 

21時過ぎに異変が…

3階建ての細長い家に住んでいて、子どもたちの寝室は3階。

私も夫も1階にいました。

よほどでないと3階の音が聞こえないんですよね。

そんな中、夫が「娘がなんか話してる!?」と何かに気づいて子ども部屋へ。

そしたら号泣している息子と一緒に降りてきました。

友人から聞いたことのある「オットセイのような咳」、まさにこれでした!

すぐに夫にクループだと思うと伝え、夫は救急に電話。

 

念のため病院へ

電話で症状を伝えた後、救急隊員の方が家に来てくださりました。

診ていただいて多分クループだと思うけど、経過観察も含めて一応病院に行こう、ということになりました。

息子の場合、発熱はありませんでした。

息子はパニックになり泣く

→これがさらに呼吸を悪化させる、の悪循環で焦りました!

この状況を助けてくれたのはYouTube!

我が家のアイドル鈴川絢子さん一家のおかげで随分落ち着くことができました。

付き添いは夫に任せたので詳細は分からないのですが、結局救急車に乗ってる間にだいぶ落ち着き、病院ではレントゲンなども不要と判断され、お薬をもらって帰宅となったようです。

帰ってきたのは深夜1時過ぎ。

 

翌日から学校へ

熱がなければ学校に行って良いと言われ、翌日熱もなく休むことなく通学できています。

先生には事情を話し、疲れてそうならゆっくりさせるね〜、と受け入れてくださり一安心。

まだ少し咳と鼻水が残ってますが、随分元気そう!

大変だったのは水曜日だけで、その後息子は夜中起きることなく寝ています。

その後もれなく私と娘も息子から風邪をもらい、皆で鼻水垂らしてます…笑。

娘はどうかなー!?と心配でしたが、咳で夜中起きることは1度ありましたが、クループのようにひどくはならなかったのでよかったです。

私たちが治ったら次は夫か…!?

 

おわりに

クループって、もっと小さな子がなるものだと勝手に思ってました。

息子は今回が初めてで、5歳半。

調べてみると大人もなることがあるんですね。

なんでも思い込みは危険だなぁ、と再認識しました。

そしてクループの症状を教えてくれていた友人のおかげで、少しは冷静にいられた気がします。

ありがとう、友人!

日本ももうすぐ卒園や入園、入学で子どもも親も疲れが溜まりやすいかもしれません。

皆さんどうぞ、お気をつけください!